FC2ブログ

バリュー×グロース株に集中投資

バフェット氏曰く、「過度の分散投資は無知のためのリスク回避」です。 景気に左右されず、毎年しっかりと利益を上げられる企業に集中投資をしましょう!人間の“欲”がなくならない限り株式投資は永遠に不滅です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところ半月余りとなってきましたが、年末が近づくに連れて少なくとも筆者の周りでは『不景気』という言葉を以前ほどあまり耳にしなくなったような気がします。

街中もまずはクリスマスに向かって賑わいを見せているようですし。ブランドショップなども人の入りがスゴイですね!

それなのに株価だけは全く賑わいを見せないという・・・何とも実社会との差があまりにもあり過ぎて少しばかり違和感を感じます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

(2012.12.16「企業理念」追記)

では今回の企業は、たまたま一度店を訪れたことをきっかけに筆者がファンになったステーキハウス・ブロンコビリーです。

愛知が地盤の同社ですが、最近になってようやく関東地区に的を絞って積極的に進出し始めたところです。それでもまだまだ店舗数は少なく、東海地区以外の方には馴染みがあまりないかもしれません。

まずは基本情報から↓

<<基本情報>>
■3091ブロンコビリー(東証2部)
■URL:http://www.bronco.co.jp/
■決算:12月
■プロフィール:

1983年(昭和58年)設立。名古屋を地盤に炭焼きステーキ等を提供する郊外型レストランチェーン店を運営。

企業理念:「おいし料理と気持ちよいサービス、清潔で楽しい店づくりを通じて心地よいひとときを提供すること」

時価総額:71.4億円
代表取締役社長:竹市 靖公


2006~2010年の過去5年間の財務諸表は以下の通り。

3091ブロンコビリー財務諸表

正直“ブロンコビリー”でなければ、この財務諸表を見て投資することはありませんでした。というよりは、外食企業自体あまり筆者は投資対象として得意としておりません。

なぜか。

別に空腹さえ満たせれば何でもいいからなどという乱暴なことを言うわけではありませんが、例え、食べたいものがあったとしても普段仕事をしていると、それも時間に追われているような時など(筆者は常に時間に追われているような気がします^^;)はなかなか食べたいもののために時間を割くということが出来ないからです。

つまり、外食企業における消費者の選択肢というのは、ある程度は店舗の数の問題になるのかなという疑念がどうしても払拭できないのです。

(牛丼チェーンで言えば、筆者は断然『すき家』が好きですが、会社の近くには吉野家しかないため牛丼を食べるとなると吉野家へ行く確率が非常に高いです。電車に乗ってまですき家へ牛丼を食べに行くことはまずないでしょう。これは多くの方がそうではないでしょうか。)

唯一、筆者のなかで特定の外食企業を挙げるとするならば、それは『マクドナルド』一社限りかもしれません。

あのフライドポテトの味は、他社ではまず真似のできない“オンリーワンの商品”を“低価格”で提供する企業だと思っております。

やや話が脱線しましたが、次回、3091ブロンコビリーの<<分析&見通し>>に続けます。


にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ<<少しでもお役に立ちましたら1クリックをお願いします
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/15(日) 18:40:01 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://riskandbenefit.blog.fc2.com/tb.php/145-8e11f9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。