バリュー×グロース株に集中投資

バフェット氏曰く、「過度の分散投資は無知のためのリスク回避」です。 景気に左右されず、毎年しっかりと利益を上げられる企業に集中投資をしましょう!人間の“欲”がなくならない限り株式投資は永遠に不滅です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャが支援策受け入れ問う国民投票へ、ユーロ圏危機再燃も – 2011.11.1(ロイター)
 [アテネ 1日 ロイター] ギリシャのパパンドレウ首相は31日、欧州連合(EU)が合意した第2次ギリシャ支援策の受け入れの是非について国民投票で問う方針を表明し、世界を驚かせた。
 ユーロ圏首脳が合意した第2次ギリシャ支援策には、1300億ユーロの支援や、民間セクターが保有するギリシャ国債への50%のヘアカット(債務元本の減免)適用などが盛り込まれている。
 ドイツの連立政権を構成する自由民主党(FDP)のブリューデレ下院院内総務(前経済技術相)は1日、パパンドレウ首相が国民投票の実施を求めたことに関し、ギリシャはEU首脳との合意を撤回しようとしているようだと指摘、「(このニュースに)苛立ちを覚えた」と語った。
 院内総務は「首相は、ギリシャの利益となる支援策に合意していた。数十年にわたって政策運営を誤り、間違った決定で自ら危機に陥ったギリシャのために他国が多大な犠牲を払おうとしている」と述べ、「私には、合意から抜け出そうとしているように受け取れる。奇妙な行動だ」と非難した。
 国民の大半は欧州首脳が合意したギリシャへの第2次支援を否定的に捉えている実態が最新の世論調査で明らかになった中、国民投票を来年初めにも実施することについて、アナリストらも不可解だとの見方を示す。
 欧州危機の先行きに再び暗雲が立ち込めれば、20カ国・地域(G20)首脳会議のため今週仏カンヌに集結する首脳らの面目をつぶすことにもなる。
(後略)


今月に入ってすぐ話題になったギリシャの国民投票の問題ですが、平凡な日本人である筆者の思考からは俄かには信じられない話です。

以前読んだ本に、「少しぐらい(正常の範囲内)の借金であれば貸し手主導で返済計画や金利が定められるが、(どう考えても返済しきれないレベルまで)莫大な借金を作ってしまえば借り手優位となり、借り手主導で返済計画が行われる」ということが書かれていしたが、まさにその状態かと。

とはいえ、ようやくの思いで支援策をまとめたほかのユーロ加盟国からすればとんでもない話で、ユンケル議長も次のように述べているようです。

ユンケル議長:ギリシャを是非ともユーロ圏にとどめたいわけでない – 2011.11.3(ブルームバーグ)
 11月3日(ブルームバーグ):ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は3日、ユーロ圏各国政府はギリシャが域内にとどまることを望んでいるが、是が非でもとどまらせようとしているわけではないと述べた。
 同議長はドイツのテレビ局ZDFとのインタビューで、「12月4日はギリシャが国民投票を実施する日だが、同国はその日にユーロ圏にとどまりたいかどうかという問いに答えなければならない」と述べた。「われわれはギリシャがとどまることが望ましいと考えるが、是が非でもとどまらなければならないと言っているわけではない」と続けた。
(中略)
 ユンケル議長は、欧州はギリシャ問題で「永久にローラーコースターに乗っているわけにはいかない」と述べた。
 「われわれはどこへ向かっているのかを知らなければならない。ギリシャはどこへ行きたいのかをわれわれに告げなければならない」とし、「私はもちろん、ユーロ圏のメンバーの1国が離脱するのを防ぐためあらゆる措置を講じなければならないという見解だが、離脱することがギリシャ国民の望みであるならば、強制することはできない」と語った。
(後略)


果たして、ギリシャはハッタリなのか本気なのか・・・この行方は非常に気になるところです。

⇒⇒⇒⇒⇒

と、ここまでは木曜日の昼に書いておいたのですが、その夜、G20開催を目前にパパンドレウ首相が辞任するとかしないとかの騒ぎになり、二転三転した挙句、ECBの利下げ発表をきっかけに国民投票の撤回を示唆する発言が行われました。

予想外のECBの利下げを受けて、パパンドレウ首相も本気でドイツ、フランスを始めとするユーロ各国に見捨てられると悟ったのかもしれません。

これでひとまずは安心なのでしょうか!?

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

ちょっと前置きが長くなりましたが、4668明光ネットワークジャパン(以下、明光NJ)の続きです。

正直、筆者はこの業界に詳しいわけではないので、最初に同社の財務諸表を見てピンときたときに同業他社比較から行ってみることにしました。この学習塾ビジネスというものが全体的に儲かりやすいビジネスなのかどうか、同業他社比較を行うことで把握することができるかと思ったからです。

で、その一部が下記の表ですが、同業社の売上高、利益率、ROE、自己資本比率をざっと並べてみました。

学習塾比較
(枠の色塗りは、赤塗り=1位、青塗り=2位、緑塗り=3位で区分しています。)

一見すると、どうも業界全体が儲かっているというわけではなさそうです。結構、赤字の企業も目立ちます。

売上高においては栄光HDとナガセの2社が頭1つ飛び抜けているようですが、利益率、ROEの点からみると明光NJの優位性が浮かび上がります。

クリップもなかなか面白いと思ったのですが売上高の面でやや小粒かなと、また、リソー教育のROE36%は魅力的ですが、自己資本比率30%とややレバレッジが掛っているのが気になるところです。

では、何故、明光NJが堅固な自己資本比率と高利益率、高ROEを誇るのかを調べてみましたが、どうもその理由はビジネスモデルにあるようです。

下記は同社の事業別売上高ですが、売上高の約50%がFC事業からの収入となっており、教室数でもFCの方が圧倒的で、同社自体が学習塾の運営企業というよりはむしろ学習塾の販売企業といった印象を受けました。

-2011年8月期事業別売上高-
明光義塾直営事業売上高 6,574百万円(教室数:215)
明光義塾FC事業売上高 6,402百万円(教室数:1,785)
予備校事業売上高 594百万円
その他の事業売上高 143百万円
売上高合計 13,715百万円


ロイヤルティ収入が年々蓄積することで安定的な収益を得ることができ、それが同業他社と比較して高い収益力を実現しているのだと思われます。(「ロイヤルティ収入」って受け取る側にしてみればとても素敵な言葉ですよね^^;)

また前回、「同社にとって一番の難敵は、“少子高齢化”という何となく世間一般に流布する漠然としたフレーズなのではないでしょうか」とも述べましたが、たしかに少子化の影響で学習塾市場全体の売上高が右肩下がりであるという事実もあるものの、同社の個別指導市場に占める割合(11.9%)、業界全体に占める割合(4.9%)は、どちらも毎年着実に市場占有率を高めており、つまりは、マーケットがなくならない以上、強い企業はより強くなって生き残ることができるわけです。

2008年からの中長期経営目標であった全国教室数2000教室の達成も前期(2011年8月期)に遂げており、新中長期計画では2013年8月期を目処に「明光義塾」を全国で2200教室に増やす計画を立てているということでまだまだ成長の余地は十分あると思われます。

また、「明光義塾」単体ではいずれ教室数の拡大も限界を迎えるかもしれませんが、同社の事業領域である“教育ビジネス”という枠組で考えた場合(実際にモデル校を前期に立ちあげたようですが)、難関校受験に特化した「早稲田アカデミー個別進学館」や学童保育のトータルサービス学習塾を目指す「明光キッズ」など、横への広がりも様々な形で期待できるのではないでしょうか。

同社の説明では、こんなイメージだそうです↓(明光NJ10年後の事業領域)

4668明光ネットワークジャパン 将来像


このなかから、ある程度収益見通しが立ち全国展開できる見込みの事業が出来上がれば、後は「明光義塾」で培ったFC展開のノウハウを用いて拡大・成長させることができるわけですから、その点においても同社の成長力に楽しみを感じてしまいます。(医系大学受験専門予備校の「東京医進学院」もすでに黒字化しているようですし☆)

さらにFC展開においては、これまでにFC加盟オーナーから1度も訴訟を受けたことがないというのも同社の強みでしょう。FC加盟オーナーと円満な関係であるということは、従業員との労使関係同様、非常に重要なことだと思っております。(どこかの大手弁当企業は結局これでコケてしまいましたから。。。)

年間配当性向は35%程度を目安にしているようで、これまでのように着実に成長することができれば配当金も自然と増配されるということになり、一株主として現状に不満はありません。現在は株式公開から13期連続で増配達成中ですね。

この○○年連続増配や○○年連続増収増益という言葉は何よりその企業の強さの歴史であり、筆者が投資するにあたり非常に重要視してる項目の一つでもあります。

最後にこのビジネスの問題点としては、とにかく参入障壁が低いということでしょう。極論を言えば、生徒と先生役の人材さえ集めればすぐに自宅でも開業可能なわけですから。。。

ただ、このあたりは売上高と利益率をきちんと追っていればさほど心配する必要はないと思っております。


それでは恒例の筆者の独断と偏見による同社の理論株価です。

明光ネットワークジャパンの理論株価は1,000円です。

いつものことながら嘘を書いているつもりはありませんが、あくまでも投資は自己責任でお願いします。


にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ<<少しでもお役に立ちましたら1クリックをお願いします
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://riskandbenefit.blog.fc2.com/tb.php/110-5bc4af5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。