FC2ブログ

バリュー×グロース株に集中投資

バフェット氏曰く、「過度の分散投資は無知のためのリスク回避」です。 景気に左右されず、毎年しっかりと利益を上げられる企業に集中投資をしましょう!人間の“欲”がなくならない限り株式投資は永遠に不滅です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7956ピジョンの基本情報をアップして以来、ずいぶんと日が経ってしまいました。特にバカンスを楽しんでいたわけでもなく、ブログのログインIDを忘れてしまっていたわけでもありません^^;・・・少し前から体調を崩してしまい、回復までには若干の時間が必要だとのことです。(半年ぐらい前から何だか体調の違和感は感じてはいたのですが、忙しさと病院へ行く面倒のためズルズルと放っておいたのがあまり良くありませんでしたね。今回ばかりは反省しました。みなさんも体に違和感を感じた時は必ず病院に行きましょう!)

その間もマーケットは堅調に推移し、ここ1週間ほどはドル円の上昇も追い風に9600円台にまで回復してきました☆東証1部の騰落レシオは138%まで上昇し、相場はやや過熱気味の様相を呈してきましたが筆者の個人的な体感としては、打ち上げ花火のフィナーレのような派手な上昇が起こるまで売り方を巻き込みながらジワジワと力強い上昇を続けるのではないかと見ています。とりあえず、日経平均10,000円タッチはありかなと。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

では、相場のことは相場に任せるとして7956ピジョンの続きです。

同社は「妊娠」「出産」「育児」といった事業領域を得意とする企業で、1つ1つの製品で競合する企業はあるものの企業規模での競合企業というのは見当たりません。

また、前回掲載の財務諸表を見るとEPSの伸び率、ROEの水準、利益率の高さと、特段目を奪われるような数字を見にすることは出来ませんが、同社の代表的な製品である『哺乳器』においては、1949年に日本初の『キャップ式広口哺乳器』を発売して以来約60年に渡って研究開発、製造に取り組み続けた結果、現在の国内マーケットにおけるシェアは7割超と圧倒的な地位を築き上げました。

「人口乳首をいかに本物に近づけるか。50年以上もそのテーマを基本に研究してきた」とは高坂功海外事業本部長の文句ですが、その決してブレることのない製品へのこだわりが欧米メーカーの斬新なデザインとの競争に打ち勝ってきた同社の“強さの源泉”になっているのでしょう。

さらに、この哺乳器と同社の歴史についてはHPにも詳しく記載されていますが、その最後の一文に、『お母さん本人にはなれないけれど、経営理念である「愛」をかたちにするため、これからも研究開発を続けていきます。』と書かれています。

シビレますね~☆

正直、財務諸表の数字うんぬんよりもこの一文に非常に同社への魅力を感じました。

60年前に初めて哺乳器を発売して以来ずっとこの経営理念を柱に研究開発を絶え間なく続けてきたわけです・・・他社がそう簡単にこの“濠”を崩せるとは到底思えません。

本田技研工業の創業者・本田宗一郎氏の言葉を借りれば『成功したいなら自分の得意なことだけに集中しろ』だそうです。まさにこの言葉を企業体として体現している素晴らしい企業だと思います。


次に、昨年2011年3月には中期経営計画として『第四次中期経営計画』を策定していますので、数字を中心にそちらに目を通すと、

まず、事業方針として一番初めに『海外市場における積極的な事業展開を中心に、グローバル・カンパニーとして更なる成長拡大を目指す』と記載されています。

これは、現在35%程度の海外売上高比率を2014年1月期を目途に43%付近を目標としているようです。

     <2011年売上高:実績> <2014年売上高:目標>
北 米:      38億円          48億円
中 国:      90億円          142億円
その他アジア: 39億円          75億円
中近東:     14億円          22億円   
その他地域:  15億円          26億円      
        (為替レートの設定:1US$=¥82)
全体:      570億円         733億円

また、経営の効率性の面では、

     <2011年実績値> <2014年目標値>
ROE:      11.2%     14%以上
ROA:      10.8%     14%以上
粗利益率:   40.8%      41.5%
営業利益率:   8.0%     10.0%
純利益率:    5.1%      6.0%

と、この記事の冒頭で「EPSの伸び率、ROEの水準、利益率の高さと、特段目を奪われるような数字を見にすることは出来ませんが・・・」と失礼なことを述べましたが、2014年の目標値が達成可能であるならば数字の面においても非常に魅力的な企業といえるでしょう。

(世界中の国々が少しずつ裕福になり人口も増え続けていることを考えれば、目標値達成の期間は多少前後するかもしれませんが、いずれはこの数字をも上回ることができるのではないかと考えております☆)

また2011年4月を以って買収防衛策も廃止しており、グローバルカンパニーを目指す上で非常にポジティブな印象を受けます。(個人的な考えとしては、買収側の買収目的が例えどうであれ、公に株式を公開している以上買収防衛策を導入することは間違っていると思います。このことも筆者が同社への投資に前向きになる一件でした。)

配当性向については“50%以上”と明記されている点も好ましいですね。


では、最後の最後に恒例の同社の理論株価です。

ピジョンの理論株価は2600円です。

いつものことながら嘘を書いているつもりはありませんが、投資をするに当たってはあくまでも自己責任でお願いします☆


にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ<<少しでもお役に立ちましたら1クリックをお願いします
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。